格安レンタカーはうまく活用してみよう

マイカーを持つということは、車両購入費用の他にも高額な税金が課せられるなど思っていた以上の金額に跳ね上がってしまうことになります。さらに、車を維持していくためにはガソリン代や保険の加入、定期的なメンテナンスや駐車場代など、全く乗らなくてもかかってしまう費用も出てきます。
レンタカーであれば、必要な時にだけ時間ごとに手頃な価格で借りることができます。豊富な車種も揃っているので、その時の乗車人数や用途に合わせた車を選ぶことができるため、マイカーを持っているという人でも自分の車では不十分な場合に別の車種を利用されることもあります。
しかし、頻繁に利用するとなればより安く利用したいものであり、格安で利用するためにはちょっとした工夫も必要になってきます。

安く利用するためには比較をする

レンタカー会社の中には、自動車メーカーが運営している店舗や独自で運営している店舗などさまざまあります。
メーカーの店舗であれば、そのメーカーの車だけに限定をしているので、車種の指定ができることもメリットとなります。また、全国チェーン店になれば借りた店舗以外で返却ができる乗り捨てサービスが利用できるというメリットがあります。しかし、料金重視という場合には、安さを売りにしている店舗を利用してみるといいでしょう。
安さには理由があり、一般的には中古車を買い取って利用されていることになります。一昔前のデザインであったり燃費が悪いなど、新車に比べると劣る面はありますが、それでも短時間の利用であれば安さに勝るものはありません。もちろん安全の面は十分確保されているので、安心して利用ができます。

安い理由を理解してうまく利用する

格安を目玉としている店舗では、中古車を利用して購入費用を抑えているとともに、ガソリンスタンドや自動車修理工場などで運営していることが多いので、メンテナンスを自社で行うことによって経費を安く済ませたり、ガソリン代によっても売り上げを上げることができます。もしも車を傷つけてしまったという場合には、その店舗が運営している修理工場に出すことになったり、返却の際にはガソリンを満タンにすることなく、その店舗で使った分を利用料金に乗せてもらえることになります。
他にも、チャイルドシートになればどの店舗も有料であることが一般的ですが、格安店は安い分だけカーナビやトランスミッターもオプションということがあります。持ち込みをしてみたりあえてつけないなど工夫をすることで、安く快適に利用ができます。