レンタカーを格安で借りてお得に旅行しませんか

旅行の時に車を借りると行動範囲が一気に広がり、旅の楽しみが増えます。ただ、いきなり店舗に行って車を借りるとかなり高くつきます。基本料金とは別に免責保険料もかかりますし、返却時には燃料の満タン返しが基本です。よほど急に車を借りなければならない時以外は事前に電話やWebで予約をしてから店舗に向かう方が多いです。基本料金に対して各種割引が提供されていることが多いので、会社選びや予約方法、利用時期を工夫することによって格安でレンタカーを利用することができます。少しでも基本料金を抑えられればドライブ中の食事等にお金を使うことができますし、同乗者と割り勘をすればさらにお得に旅行できます。安く車を借りるコツをつかんで、よりお得にドライブを楽しみましょう。

予約は基本Webで公式サイトの会員登録で限定割引を使う

現在、各レンタカー会社の予約方法の主流はWebです。このWeb予約をする際に各社の公式サイトをよく見ておきましょう。会員限定で毎回割引を提供していたり、会員限定のキャンペーンを行っていたりします。これをうまく使えば少なくとも5%、時間帯によっては半額近くの格安で借りることができます。指定のクレジットカードを使えば割引が併用できることもあるので要チェックです。営業所の新設時や長期休暇時期、オフシーズンにはさらにお得なパック料金が設定されることもあります。キャンペーン料金の中には免責保険料や燃料代を含んだパック料金が設定されているものもあり、トータルの価格で比較すると一番安く借りることができます。年間の利用回数が多い人にはさらに高い割引率が設定されることもあるので、ヘビーユーザーの多くは会員登録をしています。

ガソリンスタンドや地元の業者を使う

最近はガソリンスタンドがレンタカーを提供している場合があります。満タン返しのためのガソリンスタンドを選べませんが、その分基本料金が大手の6割以下に設定されています。ETCやカーナビ等が標準装備でなくオプションの場合があり注意が必要ですが、上手に予約すれば料金をかなり抑えられます。また地元の中小企業は自動車販売・整備や産業用自動車レンタルの副業でやっている場合が多く、基本料金が安く設定されています。複数店舗を持つ会社の場合は都道府県内だけでなく、一定の地域内で乗り捨て無料の場合があり、大手よりもかなり安く利用できることがあります。地元企業の場合はWeb予約が直前にできないことがありますが、料金設定を柔軟にできるため、車が余っていれば直前の電話で超格安料金を提示してくれる場合があります。