福井のファミリー向け賃貸物件の中身

   

単身ではなく、家族が県外から福井県に引っ越しをする際、物件探しをするにあたり、シングルタイプの部屋では住生活を送るのに向いていません。賃貸物件を選ぶ際における間取り構成を紹介します。
2DKや2LDKはDINKS向けであり、子どもがいない夫婦だけで生活する方向けの住居です。ファミリー向けは3DK以上の設備にて設定されています。ファミリー向けの専有面積は、概ね60平方メートル以上に設定されています。業者によっては60平方メートル未満の部屋を取り扱っている場合もあります。
一方、単身で居住される方の中には、部屋の広さを求めてファミリー向けの賃貸物件を希望される方もいます。業者に確認した上で、ご自身のライフスタイルに合わせた選び方をしても問題ありません。

時代にあわせたファミリー向け物件の変化

ファミリー向けをはじめ、物件の供給が全国展開し始めたのは昭和30年代です。当時は公団住宅が主流で、40平方メートルの3DKタイプも数多くありました。全体的に部屋は狭めな上に浴室やトイレなども狭いため、生活場面での快適さは少ないものでした。
近年では、60平方メートル以上の物件が多く、4LDKのファミリー物件も多いです。一方、家賃にかける費用は消費者は抑えることを好みます。福井県内も例外に無く、生活環境が良い所はおおむね高めに設定されていますから、郊外にある賃貸物件が好まれます。
ファミリーで生活をされていても、子どもが就職などで福井県外に住むことになると、アクセスに便利な市街地のDINKS向けが好まれやすいです。

福井でのファミリー向け賃貸物件の特徴

ファミリー向けの賃貸物件は、部屋の広さが相応にある分最寄り駅から離れた場所に多いです。
これは、福井県内での土地の価格変動に伴う専有面積によっての家賃上昇を抑えることも要因となっています。一方、ファミリーで生活をされる場合には、交通手段として車があると便利です。駐車場、駐輪場が設置されている所が多いので、各費用を抑えることにも繋がっています。
特に、築年数が浅い建物の場合は、快適な住空間以外にもメリットがあります。家族構成や年代が似たような家族が、同じ賃貸物件で生活をしている場合が多いです。核家族化が進み地域コミュニティーが手薄になりがちですが、近隣付き合いがあればいざという時にも助けてもらえることが多いです。子ども同士が仲良くなると社会性が身につき、成長に一役担います。

ピックアップ記事

福井の賃貸物件で敷金無料の裏事情

初期費用の一つとして賃貸物件を契約した際、敷金と礼金は掛かります。福井県をはじめ関西圏の場合は敷金を保証金と位置付けていて、家賃滞納時の保険の役割も担います。契約時には管理責任者がクリーニングや修繕を...

福井のファミリー向け賃貸物件の中身

単身ではなく、家族が県外から福井県に引っ越しをする際、物件探しをするにあたり、シングルタイプの部屋では住生活を送るのに向いていません。賃貸物件を選ぶ際における間取り構成を紹介します。2DKや2LDKは...

福井の賃貸で家具家電付きはお得か

単身赴任や学生などが県外から福井に引っ越してくる場合は、初期費用が相応にかかります。家具家電も揃えるようになると、更に費用がかさみます。家具家電付き賃貸物件の特徴ですが、生活するにあたり必要な家電、寝...

ペット可賃貸を福井で探す際のポイント

ご自身及び家族でペットを飼っている場合、一緒に住める賃貸物件を希望される方もいます。特に県外から福井に来た方には、家族の一員として飼っていたペットと一緒に生活できれば、心身の負担軽減にも繋がります。福...


必要なこと